TOP 学習システムのご案内 入学FAQ お申し込み 法人の皆様へ お問合せ・資料請求 お問合せ・資料請求 他中国語講座
【学習に関して】
1.全く中国語を勉強したことがありませんが大丈夫ですか?
本コースは基礎から学習を開始しますので大丈夫です。中国語学習に挫折経験があり、再度学習に挑戦したい方にも最適です。また、学習経験があるものの系統立てて学びたいとお考えの方にも適しています。

マンツーマン授業の家庭教師授業では個人レッスンが受けられますし、チューター制により疑問、質問には個別にお答えします。個人カルテを設けており、受講生一人一人に最適なアドバイスをいたします。
  

【学習に関して】
2.本コースを終了すると中国語検定で何級程度の実力がつきますか?
個人によって大きく異なりますが、中国語検定試験の3級レベルです。
但し、本首都師範大学国際文化学院ネット留学校は使える中国語を身に付けていただくことを最優先にプログラムしておりますので、終了後は基礎的な会話力が確実についているはずです。
中国語検定試験の合格を目的としたカリキュラムではありません。
【学習に関して】
3.家庭教師制度とは何ですか?
受講上の疑問やら学習の方法についての質問を直接北京の講師に問合せ頂きます。
語学の学習はなぜ?あれ、どうして?の疑問、質問の連続です。その疑問、質問に極力対応できるように家庭教師システム、後述するチューター制度などを採用しています。

家庭教師受講は1年留学コースでは96回まで、半年コースでは48回までご利用いただけます。

家庭教師を利用する場合はイヤホン、マイクが必要となります。簡易なマイク付きイヤホンで十分です。ご用意願います。
講師は日本語が出来る講師または首都師範大学日本語学科大学院生などが担当します。

家庭教師は平日は、日本時間午後5時から11時まで待機しています。土曜日、日曜日は午後4時から午後9時まで受講できます。
お一人一回あたり27分のお時間です。
尚、せっかくの機会ですので極力中国語で講師と会話をしてください。

また、家庭教師受講する際には事前に予約が必要となります。受講予定時間の24時間前までに予約をしておいてください。それ以降となると予約は出来ませんのでご注意ください。
キャンセルは受講1時間前まで出来ます。それ以降のキャンセルは受講済みと認識されますのでご注意ください。

【学習に関して】
4.チューター制度とは何ですか?
本コースではチューター制度を設けて受講生の疑問や質問にお答えします。
チューターとの質疑応答はWebメールで行いますがメールで疑問、質問をお書きいただくことは問題点の整理が出来ますのでより質問内容がクリアーになるはずです。回答には3日ほどかかるケースがありますが迅速にお答えするようにしております。
家庭教師制度とあわせご利用ください。
チューターは日本語が出来る講師または首都師範大学日本語学科大学院生が担当します。
【学習に関して】
5.中国語をすでに半年学習しましたがまだ発音が出来ません。どのコースを選択したら良いでしょうか?
本コースは使える中国語を修得していただくことを目的としております。発音に自信を持てていないのであれば是非とも発音から再度学習をスタートされることをお勧めします。一年留学コースは基礎の発音から徹底してやりますので一年留学コースをお勧めします。
【学習に関して】
6.個人カルテの使い方について教えてください。
個人カルテは各受講生ごとにご用意している受講カルテのことです。発音チェック、会話練習は家庭教師授業で行っていただきますが、その際に家庭教師が問題であると認識したポイント、修正ポイント、どのように学習を進めてゆくべきかなど家庭教師授業を受講毎に受講生にお知らせしています。受講生はこのカルテの指導にあわせて学習を進めていくことが出来るのです。一方、家庭教師はこのカルテに基づき各受講生に即した指導をしています。

7.他のウェッブ講座との違いは何ですか? 首都師範大学中国語ネット教育センターの最大の特徴はオンデマンド・ビデオ授業で知識のインプット、そして、マンツーマン家庭教師授業で中国語を実際に話すことでのアウトプット、このサイクルを繰り返して頂くことで系統立てて実践中国語の基礎を確実に習得できることです。

また、家庭教師授業においては毎回、各受講生へ講師より個人カルテによる個人指導が行われるほか、学習上の不明点はチューターへ質問が出来るため、しっかりと知識の積み上げと基礎的会話力が習得できます。
【お申し込みに関して】
1.分割払いは可能ですか?
クレジットカードによる月額課金にてご入会いただけます。詳しくは当ホームページのお申し込みのページを参照お願いします。
【お申し込みに関して】
2.受講開始後内容に不満がある場合、学費を返却してもらえますか?
ご一括払い(銀行振り込み・クレジットカードとも)にてご入会いただいた方に限り、受講開始月の月末までににその旨をご連絡頂いた受講生の方には入会金を除き全額お返しいたします。

【お申し込みに関して】
3.振込み前に請求書がほしいのですが。
受講お申込みの際の通信欄にその旨をご入力ください。請求書を発行させて頂きます。
【お申し込みに関して】
4.海外からの受講は可能ですか?
勿論、可能です。受講に必要な環境をご確認頂ければどこからも受講可能です。
ストリーミング授業は日本のサーバーより500kbpsで配信しますので、海外にお住まいの方は事前に受信が可能かご確認のうえお申込みください。
ホームページの模擬授業で問題なければ大丈夫です。

教材を海外にお届けする場合は、受講料に消費税がかかりませんが消費税相当分を海外送料及び事務手数料として申し受けますのでお支払額は消費税込み金額と同額となります。
【お申し込みに関して】
5.受講料の振込み期限はありますか?
入会お申し込みは随時受け付けています。お申し込み後、銀行振り込みにてお支払い頂き、入金を確認後3日以内にID/パスワードをご連絡します。
ID/パスワードを入手されましたら、即、受講開始できます。
(従来は毎月1日より開講しておりましたが、現在、随時入会、随時受講開始と変更となりました。)
【パソコン環境に関して】
1.オンデマンド授業を受講するためのパソコン環境について教えてください。
ご家庭・職場により受講環境が異なりますが、以下の動作環境での受講をお願いしております。
■オンディマンド受講 動作推奨環境
クライアントPC
OS Windows 2000/XP
ブラウザ インターネットエクスプローラ6.x以上
CPU Intel PentiumIII 800MHz同等以上
メモリ 256MB RAM以上
HDD 10MB以上の空き容量
ネットワーク 100MbpsLAN(全二重方式推奨)
必要帯域 512kbps以上(帯域保証)
必要機器 USB PC Camera及びヘッドセットorマイク及びスピーカー
グラフィック 24bit Full Colorサポート
ディスプレイ XGA(1024×768ドット)以上
サウンド Full-Duplex Sound Card
※中国語フォント、Macromdedia Flashプラグイン
「ADSL 8Mbps以上推奨」
【パソコン環境に関して】
2.受講の際は常にインターネットに接続しなければいけないのですか?
インターネットに接続できる環境は必須となります。
宿題の回答はインターネットに接続が必要となりますし、家庭教師はSkypeをインストール頂く必要があります。
【パソコン環境に関して】
3.質問の際に中国語でメールを書く必要が出てきますがどうしたらよいのでしょうか?
現在Windows2000、XPでは中国語IMEが標準装備されています。
【パソコン環境に関して】
4.家庭教師を受講するためのパソコン環境について教えてください。
以下要件が必要となります。


●Windows 2000 または XP が搭載されているコンピュータ
●400 MHz 以上のプロセッサ
●128 MB 以上の RAM
●15 MB 以上のハード ドライブ空き容量
●サウンド カード、スピーカー、マイク
●インターネット接続 (モデム速度が 33.6 Kbps 以上のダイヤルアップ 接続、またはケーブル、DSL などのブロードバンド接続
●アプリケーション Skype for Windows
【その他】
1.交流サイトではどんな交流が出来ますか?
現在、中国で活躍中の現役の企業人、首都師範大学に留学中の日本人留学生など中国で活躍している日本人の方たち、また日系企業に勤務する中国人の方、さらに首都師範大学の講師の先生方にも参加いただきますので、中国の今を理解して頂けると思います。勿論、受講生の皆様にも積極的に参加いただくことがこの交流サイトを活発にする原動力となりますので、たくさんご発言いただきますようお願いします。
【その他】
2.短期留学コースについて説明してください。
首都師範大学中国語インターネット教育センターで受講されている方々およびOB・OGの方を対象に特別班を組んで現地で学習する制度を設けました。
その時々のテーマに沿い、学習、活動プランを組み充実した短期留学を実現します。
いつもネット学習で講義いただいている講師の先生方に直接講義を頂くのも学習のモチベーションがあがることでしょう。

首都師範大学への留学の詳しいことはこちらのホームページをご覧ください。
http://ryugaku.jeis.cn